給湯器を設置して快適な住まいを実現|ポカポカ効果

台所

人数増えれば

男性

2人家族と4人家族。大人2人が暮らす家と、大人と子供の4人で暮らす家庭では、全く違う生活になるでしょう。家族の人数が多くなれば、それだけ家で使うお湯の量も増えるということ。風呂に入る人、洗い物をする人、洗顔をする人。それぞれの行動に制限がかかれば、それは家族にとって快適な暮らしとは言いがたくなります。つまり、石油給湯器も家族の人数に合わせて適切な物を選ぶべきなのです。

どれにするか迷った時に注目すべきなのは、まずは給湯出力なのです。給湯出力のパワーが大きければ大きいほど、1分あたりに出せるお湯の量が増えます。つまり給湯出力が大きい給湯器を設置すれば、台所と浴室で同時にお湯を出したい時にも便利なのです。誰かのバスタイム中は、台所でお湯を使うの禁止~!なんて厳戒令がしかれたら、家族にとってそれはプチストレスになるでしょう。やってはいけないと言われたらやってみたくなるのが子供心です。ですが、この気持ちって大人になった今でもなんとなくわかるんですよね。禁止されたことほどやってみたくなる気持ちは、誰でもあることだと思います。目安としては、2人家族で16号~20号の物を。4人家族だと24号は欲しいところです。家族の人数が多くなれば、その分誰かの入浴中は洗い物が先延ばしになってしまうかもしれません。石油給湯器の給湯出力は、よく考えて選ぶようになさってみて下さい。

携帯電話も新しい機種が出るたびにコンパクトになっていったように、石油給湯器もコンパクトになってきました。もちろん、サイズは小さくなっても、性能的にはどんどん便利な機能がついてきています。設置場所も1つじゃないから、もはやかさばるとは言えない大きさになりつつあるのです。これから更に進化していくかもしれません。